ヘッドライン






























【経営】MBAは役立たずというウソが出回る理由

1: ノチラ ★ 2018/06/06(水) 17:25:26.55 ID:CAP_USER
「MBA(経営学修士)は、現実のビジネスには役に立たない」。そう公言する人は少なくない。実際に学生が集まらず、募集停止に追い込まれた大学院もある。しかし同志社大学の加登豊教授は「MBAが役立たずなのではなく、取得者や派遣者がMBAを役立てる方法を理解していないだけだ」という――。

頭でっかち、転職……MBAへの否定的な意見
何をいまさらと思う人も多いかもしれない。いまの若手・中堅社員にはMBA(Master of Business Administration,経営学修士)という学位があることを知らない人が大多数だろう。それにも関わらず、今回は、MBAについて理解を深め、自社のマネジメント教育について再考してほしいと思う。

MBAについて否定的な意見をもつ人たちは、

・学校に通いだすと、仕事が中途半端になる
・知恵がつきすぎて、頭でっかちとなる
・MBA取得者は大きな仕事をやりたがり、現在の業務をないがしろにしがちになる
・学位を取得とすると、転職する人が多い

と考えているようだ。

確かに、組織の中で浮いた存在になる人は多くなるし、自社の経営の進め方に対して批判的な意見を持つようになるし、やめる人も出てくるだろう。MBAブームは過去のものとなっており、企業は社員にMBA取得を推奨することは少なくなっている。そのこともあって、MBA学位を授与する経営系大学院では一部をのぞいて、定員確保にきゅうきゅうとしているばかりでなく、募集停止に踏み切ったところすらある。法科大学院(ロースクール)や会計専門職大学院(アカウンティングスクール)と同様に、ビジネススクールは、存続の危機を迎えていると言ってよいだろう。

著名経営学者によるMBA批判の真意
このような時にこそ、読んでほしいのが下記の2冊の書籍である。

遠藤功『結論を言おう、日本人にMBAはいらない』(角川新書、2016年)。H.ミンツバーグ著・池村千秋訳『MBAが会社を滅ぼす:マネジャーの正しい育て方Managers not MBAs』(日経BP社、2006年)。ミンツバーグは世界的に有名な経営学の泰斗であり、遠藤は外資系コンサルティング会社の会長を務めるほか、早稲田大学では長きにわたって教鞭をとった。

この2冊は、いずれもMBAについて批判的な書名となっているが、書籍は書名で判断してはならない。内容をつぶさに検討する必要がある。ミンツバーグは同書で、マネジメントは「クラフト(=経験)」と「アート(=直感)」と「サイエンス(=分析)」の三つを適度にブレンドしたものであるべきで、欧米のビジネススクールで主流なサイエンスに偏りすぎたマネジメント教育はよくないと言っている。ただしマネジメント教育そのものを否定しているのではない。

遠藤は日本のMBA教育の問題点をするどく批判する一方で、マネジメント教育それ自体を否定しているのではなく、「次世代ビジネスリーダーを育成するための教育プログラムは必要どころか、ますます重要性を高めている」と主張しているのである。

海外企業との取引を行う場合、相手方は、MBAはもちろんのこと、技術系のマネジャーは博士号を有するものが多い。彼らは、交渉相手の日本人マネジャーがこれらの学位を有していないというだけで、格下と見てしまうことは知っておいたほうが良い。ただ、学位取得のためだけに、経営系大学院で学ぶことは本末転倒である。大切なことは、仕事をしながら勉学にいそしむ数年間に意味を見いだすことである。

成功しているMBA取得者の共通点
これまでに、数多くの社会人大学院生に接してきた経験に基づけば、ビジネススクールでの学びがその後のキャリアにプラスに働いている人たちは多数いる。そして、彼らには共通点があることがわかる。以下では、それについて説明する。

(1)多読・多議論を通じての「経験至上主義」からの脱却

経営系大学院では驚くほど大量の論文や書籍を読むことが要求される。業務に追われて本や論文を読む時間などないと思っていた人たちが、入学後数カ月もすれば、読むことに違和感を抱かなくなる。そして、読書から多くの気づきを得るようになる。教材は体系的かつ網羅的に選定されているので、学習が効率的・効果的に進むからである。経験を過度に重視するのは日本企業の特徴だが、学びが経験となることはあまり注目されていない。

「学問とはわずかな時の間に、数百千年の人類の経験を受け取ることである」(ジャン・ジャック・ルソー)
「学べば学ぶほど、何も知らないということが分かるようになる。何も知らないと分かるようになるほど、もっと学びたくなる」(アルバート・アインシュタイン)。

以下ソース
http://president.jp/articles/-/25317

3: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 17:27:45.19 ID:6kdrb3wb
役立たずなんじゃなくて、MBAとる奴は転職を考えているからじゃね?

ムラ社会では、外を求める人は、誹謗中傷の対象になりやすい。

4: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 17:33:58.06 ID:dbDMbSnr
役立てるかどうかは本人次第ってほぼなんにでも当てはまりそう。

6: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 17:44:59.07 ID:eiTQuP0S
中には役立たずなMBA取得者もいるってだけの話じゃなく?

9: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 17:52:57.70 ID:iy/9VFHa
そりゃ「アイツMBA取ったんだ。とりあえず潰しておこう。」って同僚が動くからだよ。

10: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 17:55:18.24 ID:SOSl6Cz3
>同志社大学大学院ビジネス研究科教授 加登 豊

おまえMBA量産して就職させるのが仕事だろ
単なるポジショントークじゃねえかw

11: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 18:00:17.16 ID:ZQhU8wDB
MBAより、忖度できる奴が出世する。

13: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 18:07:38.82 ID:fJw9Eth0
大体の資格なんてそんなもんだろ、としかw

20: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 18:29:45.05 ID:m13O+2su
「MBAは役立たずというウソ」という嘘

21: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 18:31:22.58 ID:cbRYhWqN
マネーゲームばっかしてる奴等。

22: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 18:41:25.61 ID:Pu1NDuFc
MBA取得した奴としてユニクロに招かれた奴は大失敗して即クビ
同じ奴が今度はローソンでも失敗してクビ

MBA取得した奴なんて碌な奴がいない。無能だらけ

200年以上の企業が世界最大数の日本において、MBAなんて子供だまし
いまだにMBA信仰してるやつは頭弱すぎ

28: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 18:55:45.48 ID:sRtRRjCh
NBAは面白いゾ!

31: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 19:07:47.14 ID:Qi4LhDNj
文系修士なんぞ
役に立つわけがない
経営学修士w

37: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 19:26:43.41 ID:uJflZ+wC
MBA持ってたから成功したという企業はない

39: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 19:29:35.02 ID:lzz7F/hF
MBAの人間は現実の経営を知らないから大痛手を食らう

40: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 19:30:50.10 ID:lzz7F/hF
最新の座学だけの職人が10年やっている職人に叶わないのと同じ。

41: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 19:32:29.45 ID:lauja91+
速い話がコストカットしかできないのがMBAだよな

42: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 19:32:37.86 ID:KmdLpalF
MBAとか大学院に行かないで独学でやればいいんじゃないかな。

43: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 19:37:05.44 ID:mqOHQumb
最近聞かなくなったナリね

45: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 19:49:45.99 ID:qixVm62l
ビジネスはアイデアと運
教科書の知識や理屈ではないね

48: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 20:00:38.19 ID:B91v71zv
価値があるのはハーバードだけだろ
学閥のコネだけどな
日本のMBAなんて無価値

53: 名刺は切らしておりまして 2018/06/06(水) 20:17:13.23 ID:mqOHQumb
せっかく学歴があるならアメリカで働いた方がいいだろうな。
日本は学歴あまり重要視しないし。重要視するのは学校歴。

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク